前へ
次へ

骨董品買取で部屋がきれいに

祖父母の家には昔ながらのものがたくさんあり、昭和の人間なので物を捨てるということが出来ない祖父母の家にはいつの時代のものか分からない食器や家具などがあり、到底使うことになる日が訪れることはないと思っていましたが捨てることには大反対。それでも物は増えていく為、なんとかしようと物置などに押し込んでいるだけではもったいない、大切にしてくれる人に渡したらと説得したものの、どうせすぐに捨てられると拒否し続けていたのです。そのため、試しに小さなテーブルのようなものを一つ骨董品買取に査定してもらって、どれくらいの値段で買い取ってもらうことが出来るか見てもらおう、納得できなかったら持ち帰ったらいいよと説得して骨董品買取に行ったのです。査定結果は私にも意外なほど高額だったため、あんなに嫌がっていた祖父母も納得して手放したのです。それからはまた持っていってくれと2人からお願いされ、物置などに押し込んであった骨董品を持っていき、家はすっきりと片付いて、現金も手に入ったことで祖父母は大満足。私も手間賃をもらってよいことばかりです。

Page Top