前へ
次へ

骨董品買取で大事なポイント

骨董品買取の依頼で失敗しないためには、業者選びが重要です。骨董品の価値を本当に理解できる業者に依頼するのが安心です。骨董品の買取価格は作者や時代背景、そして市場動向に左右されます。また鑑定士のスキルや経験によっても、差が出ることが珍しくありません。それゆえ骨董品の査定スキルが高い業者を見つけることが、買取依頼で失敗しないポイントと言えます。骨董品買取業者は、買取専門店と買取販売店の2種類に分けられます。買取専門店は、依頼者から買取った品を市場や専門店に転売して利益を得ます。そのため査定額は低く抑えられる傾向があります。一方、買取販売店は、買取った品を基本的に自社の店舗で販売します。骨董品の買取販売店は、中間業者を通さないので、仲介手数料が発生しません。そのため買取価格を高めに設定することが可能です。また、骨董品買取で高めの査定をつけてもらうには、業者が得意とする分野の品を出すことです。専門分野であれば、品物の価値を適切に判断できるので、価値が高ければ買取価格も高くなります。それに対して、専門分野以外の品を査定に出すと、真の価値が分からずに低めに査定される恐れがあると言えます。それゆえ骨董品買取を依頼する際には、ホームページなどで専門分野について知ることが大事です。

Page Top